岡野の合格無料ゼミ ― 漢字検定試験(漢検)を独学で合格を目指される方へ、教材の大部分を無料で提供している無料eラーニングです。

漢字検定試験(漢検)講座

資格・検定中心に全20講座
[ ホーム | 新規登録 | ログイン ]
[無料] 漢字検定・漢検WEB練習問題集 2万問・計画を立てる [無料] 漢字検定・漢検WEB練習問題集 2万問・問題を解く [無料] 漢字検定・漢検WEB練習問題集 2万問・理解を深める [無料] 漢字検定・漢検WEB練習問題集 2万問・分析する [無料] 漢字検定・漢検WEB練習問題集 2万問・仲間と交流する [無料] 漢字検定・漢検WEB練習問題集 2万問・資料館 [無料] 漢字検定・漢検WEB練習問題集 2万問・参加する
ホーム ≫ 文章で漢字を使うときの注意点
スポンサードリンク
質問内容
文章で漢字を使うときの注意点とは。
関連キーワード
文章, 漢字, 割合, 読みやすさ,
回答
漢字検定など漢字をよく勉強されていると、普段の文章を書くときに無意識に難しい漢字を使ってしまう傾向がありますので注意してください。
憶えた漢字を積極的に使われることは大切なことですが、人に宛てて書く文章にあまりにも難しく相手が読めないような漢字で書くと本末転倒になってしまいます。
 
文章で書くときは基本的には常用漢字のみとし、常用漢字を超えるレベルの漢字は、固有名詞など平仮名で書くと逆に不適当な表記になる時にのみ使うようにしてください。
 
ただし、常用漢字を使う場合でも、文章の中にあまりにも多くの漢字が並ぶと、それも又見にくくなってしまいます。
一般的に読みやすいと言われる文章の漢字の割合は、全体の文章の3割~4割と言われていますので、それを目安に書かれるといいと思います。

宜しければ、当サイトの練習問題集(無料) [成績管理機能・合格判定付]も、合わせてご利用下さい。
試験に関するよくある質問 (Q&A)・メニューに戻る
 
■ 無料学習機能・成績分析
漢字検定試験(漢検)問題集
成績ランキング
総合分析
分野別分析
記憶力分析
時系列分析
苦手問題分析
シミュレーション
オリジナル問題制作
■ ユーザー交流の場
掲示板
自己紹介掲示板
雑談・息抜き掲示板
疑問掲示板
ご要望掲示板
受験生データ
皆さんの息抜きコメ
削除候補リスト
ユーザーコメントがある問題
■ 試験情報
漢字検定試験(漢検)
試験情報
傾向と対策
参考書&学習ノート・メニュー
試験に関するよくある質問 (Q&A)・メニュー
試験に役立つ資料集・用語集
合格学習スケジュール
リンク集
■ 運営・サポート
ログイン
ユーザー登録
管理人(岡野秀夫)
よくあるご質問
問い合わせ・ご意見
問題制作依頼(コンテンツ提供)
変更履歴
著作権
免責事項
姉妹学習サイト
Copyright (C) 1997-2022 岡野秀夫. All Rights Reserved. (processing time 0.01s)
漢字検定試験(漢検)対策に問題集及びテキストと、無料eラーニングで独学をサポートしています。